仕事内容

有限会社大正軌道建設

06-6555-5553

〒551-0003 大阪府大阪市大正区千島1-29-59 

営業時間:8:30~17:30 休日:土・日・祝

仕事内容

大阪で建設業を営む当社の仕事内容をご紹介

やりがいと誇りを持てる軌道工事という仕事

南海50000系 ラピート

新しい線路を敷くときにも、大阪にある有限会社大正軌道建設の技術がお役に立ちます。
列車を走らせる際には線路を敷くことこそが一番の基礎となります。
線路がしっかりと敷かれていなければ、列車を安全に走らせることは決してできません。
列車をスムーズに走らせられるよう、軌道工事業の会社ならではの高い技術を駆使し、細心の注意を払いながら正確に敷設してまいりますので、大阪周辺での線路の新設の際はぜひ当社にご連絡ください。

軌道整備

常にベストな状態へ

入り組んだ線路

建設業(軌道工事業)を営む当社では、大阪を中心とした各地で軌道の整備をミリ単位で行っています。
軌道はレールとマクラギ、そしてバラスト(砕石や砂利)道床の3つで構成されています。
それぞれが常にベストな状態になっていなければ、電車の運行に悪影響を与えてしまう可能性があります。
いつでも安全な運行が可能になるよう、建設業ならではの高い技術と安全への意識をフル活用し、細心の注意を払いながら軌道を整備して、良好な状態を維持しております。

レール交換

スケールの大きな達成感ある作業

様々な設計図

大阪で建設業(軌道工事業)を営む有限会社大正軌道建設が手掛ける作業のひとつとして、レールの交換があります。
レールは列車を走らせるのに必要不可欠なものですが、列車が走るたび、レールは少しずつ摩耗していったり、傷が付いたりして劣化していきます。
そのため定期的にレールを交換していくことが必要となります。
現在では技術が発達しており、一本のレールが何百メートルという長さになっていますが、そのスケールに気後れすることなく、正確に交換していきます。

マクラギ交換

安全走行と乗り心地の良い線路を作る

とても長い線路

マクラギの交換も、大阪で建設業(軌道工事業)を手掛ける有限会社大正軌道建設におまかせください。
マクラギは、レールの下に梯子状に敷き並べられている、木やコンクリートで作られたもので、列車が通るたびにレールが受ける重量や振動などを道床に分散させる、大変重要な役割をもったものです。
レールと同様にマクラギもまた破損が発生しやすくなっておりますので、定期的に交換を行います。
マクラギを変えることで軌道の構造を強化することも可能です。

砕石交換

振動、騒音を和らげる緩衝材

CIMG8204

砕石の交換も、大阪で建設業(軌道工事業)を営んでいる有限会社大正軌道建設の大切な業務のうちのひとつです。
砕石(バラスト)とは、レールやマクラギの周りに敷き詰められている石のことです。
レールの上を通過する列車の加重や衝撃といったものを吸収するために置かれておりますが、この砕石を敷いた道床も摩耗したりすり減ったりすることで段々と固まらなくなってきます。
そこで一定の期間ごとに、新しい砕石へと交換する作業を行っています。

線路の新設

新しい場所と場所を繋ぎ未来を創る

CIMG8237

新しい線路を敷くときにも、大阪にある有限会社大正軌道建設の技術がお役に立ちます。 列車を走らせる際には線路を敷くことこそが一番の基礎となります。 線路が安定して敷設されていなければ、列車を安全に走らせることは決してできません。 列車をスムーズに走らせられるよう、軌道工事業の会社ならではの高い技術を駆使し、細心の注意を払いながら正確にミリ単位で敷設してまいりますので、大阪周辺での線路の新設の際はぜひ当社にご連絡ください。

信号の更新工事

電車の安全走行の為

カーブした線路

トラブルなく列車をスムーズに運行していくために大切なのが、信号です。
大阪で建設業(軌道工事業)を営む有限会社大正軌道建設では、線路脇に置かれる信号の更新工事も手掛けています。
信号そのものの点検や交換はもちろん、信号を正常に作動させるためのケーブル、そしてケーブルを防護するトラフの交換まで、すべておまかせいただくことが可能となっております。
当社が手掛ける業務の中でもとくに安全に直結する、責任ある仕事です。

お問い合わせはこちら

住所 / 〒551-0003 大阪府大阪市大正区千島1-29-59 
営業時間 / 8:30~17:30 休日 / 土・日・祝

TOP